2013/06/29

CSI Guest Designer case file no.78 ~go on TRIP~

みなさん、おはようございます☆
今日はCSIJune special investigatorとしての最後の作品を見て下さい。

case file no.78      


~go on TRIP~





このインスピボードを見た瞬間、写真のスーツケースと、旅行の文字が目に飛び込んできました。
そして、この写真しかない!!と思ってアルバムから探し出してきました☆

ハネムーンではないけど、とっても大切な旅行の始まりの写真(出発前の空港ロビーでの写真)なので、いつか作品に残したいと思っていたんです。
だから今回作るきっかけができて、本当によかったです☆


EVIDENCEにmetal,buckles,leatherがあったので、スーツケースを作ろうと思いました。
そして、旅行に出発する時のなんとも言えないワクワク感を、びっくり箱から色んな素敵な物が飛び出すイメージで表現してみました。


スーツケースの外側には、core’dinationsを使っています。
時計の柄がまた旅行っぽいと思ってこちらを選択!!
中学生の時以来かな??三角定規を使用して、こちらのスーツケース作りました。
めっちゃ楽しかったです♪



 手芸屋さんでleatherを購入して、フリーハンドでカット、ブラッズで留めました。取手に見えますか?


こちらにも皮を使用してます。
クロパダイルで穴をあけました☆



手持ちのペーパーやエンベリの中から、タグ、ポストカード、切手、赤い電話に赤い二階建てバス、そして飛行機と、とにかく旅行っぽいアイテムを探して使いました。
うちには英字新聞がないので、英字柄のペーパーをくしゃくしゃにしてインクで着色。新聞っぽく見えるように加工しました。



そして、私の苦手なインク飛ばし!
今回も、「そっちじゃないってー!」っていう方向に飛んで行ってしまったりして笑
みなさんどうやってうまく飛ばされているんでしょうか?
どなたかコツを伝授して下さいませ☆


こんな感じで、最後に思い出をぎゅっと閉じ込めた作品が作れて大満足です♪



GDTのお話をいただいてから、いつも以上に頭の中はスクラップブッキングのことでいっぱいでした☆
「どんなものを作ろうか」「どういう風に表現しようか」そんなことばかり考えていました。
そして、「1週間に1つペースで作れるのかな?」「私なんかのテクニックで大丈夫?」「それ以前に海外の方とやり取りできるだけの英語力ないしー!!」とすごく不安も大きかったです。
でもやり始めるとすごく楽しくて、色んな学びがあり、気合いを入れて取り組んだ分、お気に入りの作品も出来たりしました☆
他のDTの方や、参加者の方からも沢山刺激を受け、沢山勉強させていただきました。
英語の方も、友人の助けもあって、なんとかクリアしました笑


こんな素敵な機会をいただけて、本当に本当によかったです☆

Thank you , Debbi.

Thank you ,  CSI.

ますますCSIが大好きになったので、これからもまた参加させていただきたいと思います。

ありがとうございました☆





0 件のコメント:

コメントを投稿